コミュニケーション能力への要求

フリーランスをしているエンジニアが現場から求められているのは高いスキルや専門性、フリーエンジニアとしての実績だけでない。仕事の遂行能力があるというのはあくまで前提であり、現場に来てもらったときにプロジェクトの進行を加速させるための要素を持っているかどうかがよく吟味されるようになっている。そのポイントとして挙げられるのがコミュニケーション能力の高さだ。

チームプロジェクトへの増員のためにフリーエンジニアが起用されることは多いものの、現場に来て速やかにプロジェクトの中核を担えるようになってもらわなければ雇用する意味がない。既に確立されているネットワークの中にうまく入り込み、良好な人間関係を作り上げられるコミュニケーション能力があることは必須なのだ。
現場に速やかに順応できることが人材に求められている最低限のことであり、可能であればチームの潤滑油としての役割を果たして欲しいと考えられている。コミュニケーション能力に秀でていて技術的な能力も十分にあるエンジニアはフリーランスをしている人材の中でも稀であり、能力を認められれば高い収入で働くことが可能だ。

その点に着目し、セミナーなどに参加してコミュニケーション能力を高めるのも収入を上げるための効果的な方法となるだろう。特に他の専門知識のあるエンジニアともコミュニケーションができるスキルがあるとどの現場からも重宝されているのが現状である。