IT系フリーランスのやりがい

IT系のフリーランスには、専門的な学習が欠かせない。
例えばプログラミングなら、作るものがWebシステムなのか、アプリなのか、どの言語を使用するのか、といった風に必要な技術は場合によって異なる。会社員ならば、その部署で扱っている技術だけを学べば済むが、フリーランスでは前の仕事で培ったスキルが次の仕事にも活かせるとは限らないのだ。
だがそれを別の視点から見てみよう。次も活かせるかはわからないとはつまり、様々な案件に携われるということだ。様々な案件をこなすことで、自分が作成可能な範囲が広がっていく。つまり、特定の分野の仕事が見つからないとしても、別の仕事で生計を立てることが可能となる、ということだ。
そうは言ったものの、近年IT系フリーランスの案件は多数見受けられる。そのためただ単に探し方が下手なだけという可能性もある。そのため、案件の上手な探し方さえ理解しておけば、自分が今持っているスキルに合わせた案件を獲得できるかもしれない。

また、会社員の収入はある程度の上限が定まっているが、フリーランスはそうではない。努力すれば収入は上がる。仕事をこなし、経験値を積み、顧客の信頼を上げることで、自身の価値と報酬額が高まっていく。
また、この顧客の信頼は、特定の企業ではなく、フリーランス自身によせられる。そのため、1つ1つの仕事を重ねていくことで、より一層個人として社会に価値を認められていることを感じることができるのだ。

フリーランスは、仕事外でも専門的な学習を自主的に行う必要がある。しかし、様々な案件に関わることで、自分の能力を仕事を通して向上させることができ、それに加え顧客の信頼も得ることができるだろう。このように自分を磨く楽しみを味わいながら、社会的にも認められることがこの仕事のやりがいと言えるだろう。